« July 2010 | Main

2013.10.27

まめまめ介護予防

ケーブルテレビNet3 テレビ広報たてやま内
介護予防コーナー「まめまめかいごよぼう」
院長の寺畑信男がロコモティブシンドロームについて
わかりやすく解説します。

放送日は以下の通り
1回目:ロコモを知ろう  平成25年 9月22日(日)~
2回目:ロコモとは何か?        9月29日(日)~
3回目:ロコモチェック       10月 6日(日)~
4回目:ロコモと膝の痛み      10月13日(日)~
5回目:ロコモと腰の痛み      10月20日(日)~
6回目:ロコモと骨粗鬆症      10月27日(日)~
7回目:健康寿命と寝たきり     11月 3日(日)~
8回目:ロコモとメタボ      11月10日(日)~

立山町
健康福祉課 介護予防係 TEL:076-462-9958
富山県中新川郡立山町前沢1169 立山町元気交流ステーション3階


| | Comments (1062) | TrackBack (0)

1回目:ロコモを知ろう

番組名:ケーブルテレビNet3 テレビ広報たてやま内
        介護予防コーナー「まめまめかいごよぼう」
平成25年 9月22日(日) 放送

日南田 皆さんこんにちは。高齢者の多い現在の日本で、お年寄りが元気で過ごせる状態をいかに長く伸ばして行くかということが大変大切な問題となっています。
健康状態を悪くする骨、筋肉、関節などの障害をロコモティブシンドロームと言います。2007年から日本整形外科学会がこの問題を呼びかけて来ました。
    今回から8回シリーズでロコモティブシンドローム、略してロコモについて
    立山町五百石整形外科医院の寺畑先生に解説していただきます。
第一回目のテーマは「ロコモを知ろう」です。
それでは寺畑先生、よろしくお願いします。
寺畑  はい、寺畑でございます。よろしくお願いします。
日南田 まずは先生、「ロコモ」とはどういう意味ですか?
寺畑  はい、日南田さん、「メタボ」という言葉は聞いたことがありますよね?
日南田 はい健康診断などで指摘される内蔵肥満に病気が合併した状態ですね?
寺畑  その通りですね。
メタボはメタボリックシンドロームという言葉の略で
    ロコモはロコモティブシンドロームという言葉の略です。

寺畑  ロコモティブシンドロームという英語の日本語訳は運動器症候群といいます。
    この車の図を見てください。人間のからだは
肺などの呼吸器心臓などの循環器胃や腸などの消化器これら内蔵のことはみなさんもよくご存知だと思います。
人間が自分の体を自由に動かして人間らしく生きて行くには
骨、関節、筋肉という運動器の働きによるものです。
この図のように運動器は自動車のエンジンやタイヤのようなものだと理解していただければ良いと思います。エンジンやタイヤが壊れるのと同じような状態がロコモと言って良いでしょう。


日南田  ロコモについて知ることがなぜ必要なのですか?
寺畑   冒頭に日南田さんが述べられたように今の日本は超高齢社会です。
つまり全人口の21%以上が65歳以上という世界でも類を見ない国となっています。


① 65歳以上の人口 7%以上  高齢化社会
②            14%以上  高齢社会
③            21%以上 超高齢社会 現在の日本 23%

日南田 日本にいる若い人の率が少なくなるというのは不安ですよね。
そしてこれは日本人の平均寿命が世界でも一番に長いことと関係ありそうですね。
寺畑  その通りですね。
現在の日本人の平均寿命は 女性で86歳 男性で79歳で世界のトップです。
日南田さんこの式を見てください。
日本人の平均寿命 女性86歳 男性79歳
平均寿命-健康寿命≒10年

自分ひとりで介護を要しない状態から他の人の介護を受けて死にいたるまで平均10年
であるという式ですね。これが現在の日本の平均です。
平均寿命―健康寿命=0 年であれば障害介護を要しない人生ということになります。

ロコモについて知り、対策を考えることがこの健康寿命を伸ばし
介護状態を予防する方法となるのですね。

日南田

本日のお話のまとめ 
①「ロコモ」とはロコモティブシンドロームの略であり運動器症候群と訳され
骨、筋肉、関節などの運動器の障害のことを意味します。
②メタボと同様にロコモは介護が必要となる可能性のある状態です。
③日本は平均寿命が世界のトップであるが同時に超高齢社会でもある。
④健康寿命をのばすためにロコモについて学びましょう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2013.10.28

第二回「ロコモとは何か?」

番組名:ケーブルテレビNet3 テレビ広報たてやま内
        介護予防コーナー「まめまめかいごよぼう」
  放 送:日~土、1日4回
  ※番組は、7:30、11:30、15:30、21:30


日南田 皆さんこんにちは、毎回運動器の障害であるロコモティブシンドローム
略して「ロコモ」についてお送りしています。今回のテーマは「ロコモとは何か?」です。
先生、まずロコモについてのお話の前に運動器とは何かを教えていただけますか?
寺畑  はい、わかりやすく説明します。運動器の働きはバランスよく体を支えて運動し、体を移動する役割を持つ働きの部分の総称ですね。
具体的にはこの左の太ももからすねの図にあるように
筋肉
関節
関節の中にある軟骨
そして骨ですね。
一方これらに動くように命令を出す背骨の部分の拡大図が右の図です。
赤い点線で囲った脳は命令を出す大元でこれ自体は運動器ではありませんが
それ以下の脊髄、脊髄を取り巻くように守っている脊椎と椎間板および末梢神経と呼ばれる神経が体に動きを伝える電気コードのような役割をもち、これもまた運動器の一部と言えますね。


日南田 それでは先生、これら運動器の障害がロコモということですが、ロコモの原因とは何ですか?
寺畑  はい、そうですね。運動器の障害というのは大きく分けて2つあります。
    まず、ひとつは     ① 運動器自体の病気
車に例えますと部品の故障、事故などがこれに当たりますね。

       そしてもう一つは ②加齢による運動器の機能低下
これも車に例えますと、全く無事故でも車検を何度も通してもやはり車には寿命といいますか老朽化で最後には廃車になるほど動きづらく状態と考えればわかりやすいと思います。

ロコモの原因 
①運動器自体の病気   変形性関節症、変形性脊椎症、骨折、 関節リウマチなど
②加齢による運動器の機能低下  閉じこもり 運動不足 筋力やバランス能力の低下

日南田 具体的に運動器自体の病気とはなんでしょうか?
寺畑  関節軟骨が傷む、変形性関節症、変形性脊椎症、骨粗しょう症にともなう骨折
そして関節リウマチなどがあります。
日南田  2番目の加齢による機能障害とは何ですか?
寺畑   家に閉じこもりなどで運動不足になりますね。
     そして運動不足になると 筋力やバランス能力が低下します。
     さらに転びやすくなる  という一連の状態ですね。
日南田  先生、日本にはロコモと考えられる人はどれくらいいるのでしょうか?
寺畑   はい、ロコモは国民病と言われています。
推定人数は 全体で 47000万人    男性 2100万人
                         女性 2600万人  と言われています。
                   ロコモ推定人数
              全体で 47000万人    男性 2100万人
                   女性 2600万人
日南田  え~~~~!そんなに多いのですか?
寺畑  はい、ですから超高齢社会の日本において2007年に日本整形外科学会が
   運動器の健康を保つためには医師の診断による医学的な評価と対策が重要であると、
   そして、このことを国民の皆様に意識して欲しいという活動を行っているんですね。
 
本日のまとめ
① ロコモの原因は運動器の病気と加齢による能力低下によるものがある。
② ロコモの推定人口は4700万人の国民病である
③ まずは正しいロコモの医学的な評価を受けることが大切

| | Comments (77) | TrackBack (0)

2013.10.29

第3回「ロコモチェック」

番組名:ケーブルテレビNet3 テレビ広報たてやま内
        介護予防コーナー「まめまめかいごよぼう」
  放 送:日~土、1日4回

日名田 皆さんこんにちは、前回はロコモとは何かというテーマでお送りしました。
8回シリーズの3回目の今回のテーマは「ロコモチェック」です。
まずは前回のおさらいですが、先生お願いします。
寺畑  まずロコモという言葉ですがこれはロコモティブシンドロームの略語ですね。
    日本語では運動器症候群といい介護が必要となる危険のある状態という意味です。
   
   ロコモ=ロコモティブシンドローム 運動器症候群
   
健康寿命が短くなる2つのリスク
メタボ 内蔵の障害
ロコモ 運動器の障害 
メタボが内蔵脂肪の増加に伴う障害であるのに対して
ロコモは運動器の障害ということでしたね。そしてこれら2つが健康寿命が短くなるリスクと言われています。
そこで本日は自分がロコモかどうかの判定すなわちロコモチェックについてお話したいと思います。
ロコモチェックは7つの項目からなります

①家の中でつまずいたりすべったりする
②階段を上るのに手すりが必要である
③15分くらい続けて歩けない
④横断歩道を青信号で渡りきれない
⑤片足立ちで靴下がはけない
⑥2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
⑦家のやや重い仕事が困難である

日名田 先生、この7つの項目のうちどれくらいが当てはまればロコモと言えるのでしょうか?
寺畑  日名田さん、大変いい質問ですね。ちょっと驚かれるかもしれませんが
    7つの項目のうち1つでも当てはまればロコモの心配があると言えます。
    1つでも当てはまる項目があればロコモ予防・改善を目的としたロコモーショントレーニングを始めることお薦めします。

   本日のまとめ
①  ロコモのチェック項目には7つあります。
②  1つでも当てはまればロコトレが必要です。

| | Comments (33) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main