« November 2007 | Main | July 2010 »

2008.01.28

五十肩

Shoulder_adhesive_capsulitis_intro0

よく肩こりと間違われる病気に「五十肩」があります。五十肩とは文字通り50歳台の年齢層に多く見られる肩関節の痛みのことです。五十肩は医学用語では「肩関節の拘縮」といい、肩の運動範囲が制限された状態です。戸棚に手が届かない、お風呂場で背中や髪の毛が洗いにくい、引き戸の開け閉めが難しい、エプロンの紐が止めにくいなど、日常生活の様々な制限が生じます。
もともと人間の関節のなかで肩関節はもっとも大きく動く範囲をもった関節です。その構造は
二の腕の上腕骨頭部という腕の付け根の部分を肩甲骨の小さな受け皿のような部分で支えていますが、大部分が関節を取り巻く袋状の靱帯成分で補強されています。
五十肩によって肩の運動が制限される理由はこのような靱帯のコラーゲンといわれる成分が慢性の炎症を起こして正常な状態ではなくなること、すなわち、変性することによると考えられています。治療としては痛みに対しては鎮痛剤やヒアルロン酸の関節注射による対処療法が効果的です。そして痛みが軽くなった時点で運動療法を定期的に行うべきでしょう。
運動療法のコツは勢いをつけて肩を振り回したりして反動をつけるような運動はできるだけ避け、ゆっくり時間をかけて温めた後に静かに一定の位置で腕を持ち上げたまま30秒間ほどおなじ場所で保っておくようなストレッチ運動が大切です。反動をつけるような運動は五十肩の関節にはかえって痛みを起こしてしまうことがあります。
五十肩という俗称は広く知れ渡っているだけに自分で肩周囲の痛みや肩の運動制限を「どうせ五十肩だから」などと自己判断せず早期の治療を適切に行うためにも整形外科を受診して適切な指導をしてもらうようにしましょう。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

« November 2007 | Main | July 2010 »