« こどもの骨折 | Main | 高齢者の骨折 »

2006.05.25

スポーツトレーニング

Seikoa826big

スポーツ競技の試合本番を控えて練習をやりすぎて体調をくずしたり、関節や筋肉を痛めてクリニックを訪れる中学生や高校生がいます。試験勉強前の一夜漬けとは違いスポーツの場合に付け焼刃の練習ではその成果は発揮されません。試合本番前に最高のコンディションで望むためには普段の練習よりもトレーニングをむしろ徐々に減らすことが必要です。
これをトレーニングのテーパリングといいます。ここで大切なことはいかに体力を落とさずにトレーニングを減らしていくかということです。トレーニングは1週間に何日行うかというトレーニング頻度、1日に何時間おこなうかというトレーニング時間、トレーニング中に心拍数が平常時のどれだけ増えるかというトレーニング強度、スポーツトレーニングにはこの頻度、時間、強度という3つの要素から成り立っています。頻度と時間については普段の練習の3分の1まで減らしても体力の指標となる最大酸素摂取量が約15週間は維持されることがわかっています。ところが運動強度を3分の2程度に減らした場合、最大酸素摂取量はたちまち低下してしまいます。試合前の練習量を減らすテーパリングは本番の1週間ぐらい前から始めて普段のトレーニングの頻度と時間のみを減らしトレーニング強度は試合に沿った強度を維持することが大切です。たとえば10000m走に出場する場合、通常1日の練習量を12000mとすると、完全な休養日を数日おきにはさみながら8000mから5000m、3000mと1日ごとに走行距離を減らして行きます。ただし運動強度を維持するため試合で走るときと同様かそれ以上の走るスピードを意識することが大切です。このような調整法は科学的に裏づけのあるものです。レクレーションではやりたいときに好きなだけ自由に行えばいいのですが、記録を競うクラブレベルのスポーツではぜひ実践していただきたいと思います。

|

« こどもの骨折 | Main | 高齢者の骨折 »

スポーツ医学」カテゴリの記事

Comments

Greetings! I've been following your site for some time now and finally got the bravery to go ahead and give you a shout out from Huffman Tx! Just wanted to mention keep up the excellent work!

Posted by: rencontre cougar | 2014.07.04 01:34 PM

Very good post! We will be linking to this particularly great article on our website. Keep up the great writing.

Posted by: plan cul gratuit | 2014.08.15 07:28 AM

I'd like to thank you for the efforts you have put in writing this blog. I am hoping to view the same high-grade blog posts from you in the future as well. In truth, your creative writing abilities has motivated me to get my very own site now ;)

Posted by: duflot-2014.info | 2014.08.18 11:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スポーツトレーニング:

« こどもの骨折 | Main | 高齢者の骨折 »