« 個人情報の保護に関して | Main | 耳のピアス »

2005.03.21

痛みをどのように伝えるか

pain17頭痛、歯痛、生理痛、筋肉痛、人はいろいろな痛みを感じます。 
痛みを感じることで私たちは健康に不安を感じ、診療所や病院にいこうと思い立ちます。

医療機関で医師は問診を行い、その痛みを起こしている疾患の診断が始まります。
痛みについての問診は診断の重要な手がかりとなるのです。
外来診療の時間内で医師の問診に対して自分の痛みを訴える要領を考えて見ます。

痛みには四つの要素があります。四つの要素とは
1痛みの場所、2痛みの時期、3痛みのきっかけ、4痛みの性質です。

1痛みの場所、つまり「どこが痛みますか?」という医師の問いかけに
たとえば腰痛の場合には腰の真ん中、右側、左側と端的に答えればよいと思います。
腰以外にお尻から太ももまでなどの他の場所も痛いときは一番痛い場所から順番に伝えると良いと思います。

2痛みの時期、つまり「いつから痛いか」ですが
慢性の痛みであれば何年前、何ヶ月前、おおよその期間を伝えられれば良いと思います。
急性の痛みであれば正確な日付を伝えることも重要です。たとえば帯状疱疹というウイルスが原因の神経痛の場合、痛みの発症から数日で痛い場所に発疹が現れますが、発疹のない帯状疱疹の診断は難しいことが多いので、発疹の現れる前に診察を受ける時、その痛みの発症の日付を正確に把握しておくことが診断の手がかりになります。

3痛みのきっかけ、つまり何をすると痛みがひどくなるかということです。
食事を取ったときにおなかが痛い、空腹時におなかが痛い、階段を上った時など運動時に胸が痛む、夜間に寝ている時の肩が痛い、などという伝え方です。痛みは骨、関節、筋肉に由来する体性痛と内臓に由来する内臓痛に大きく分けられますが、このどういう時に痛みを感じるか?という問いかけから、体性痛、内臓痛のどちらの痛みであるのかを診断する手がかりになります。

最後の4痛みの性質ですが、これは各人が痛みをどのように感じているかということです。
たとえば頭痛の場合、重だるい痛み、鋭くさすような痛み、脈を打つような痛み、あるいは殴られるような激しく強い痛みなどの表現方法があります。診療中はなかなか自分の痛みを言葉で率直に表現することは難しいと思います。ですから前もってどのように自分の痛みを表現するかという準備はとても大切です。

医療もハイテクの時代であり、様々な革新的検査による診断アプローチが行われています。
しかし、問診というごく基本的な情報収集から力量のある医師は痛みに対する病理診断に迫ることが可能です。つまり加齢による変性疾患か?悪性腫瘍か?感染症か?外傷か?など疾患のカテゴリー分類を問診で行うのです。効率のよい診療はまず正確な診断が必要不可欠です。問診は診断の入り口であり医療を受ける側である患者さんも、どのように医師に伝えるかということを理解しておくことは、今後医療がどのように発展してもますます必要であると思います。

|

« 個人情報の保護に関して | Main | 耳のピアス »

医療」カテゴリの記事

Comments

Hi to every one, the contents present at this web page are genuinely remarkable for people knowledge, well, keep up the nice work fellows.

Posted by: rencontre cougar | 2014.07.05 04:58 AM

No matter if some one searches for his vital thing, so he/she wishes to be available that in detail, thus that thing is maintained over here.

Posted by: plan cul | 2014.08.07 07:19 AM

I am not sure the place you're getting your information, but good topic. I must spend some time learning more or figuring out more. Thank you for great information I was on the lookout for this information for my mission.

Posted by: esfrance.net | 2014.08.29 05:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 痛みをどのように伝えるか:

» 膠原病は何科? [膠原病の症状 膠原病の原因]
膠原病の疑いがあるときに病院へ行って困ることはどの科で診断してもらえばよいか迷われることが多いと... [Read More]

Tracked on 2007.07.16 12:02 PM

« 個人情報の保護に関して | Main | 耳のピアス »